研究論文

2020年度 >2019年度 >2018年度 >2017年度 >2016年度

2020年度
1) 穴見知典,和田智仁: GPS・慣性センサーを用いたウインドフォイルのパフォーマンス分析.スポーツパフォーマンス研究, 12: 137-145, 2020.4
2) 椿武,水谷未来,前田明: 剣道における打突速度を減速させる要因:身体の貢献度推定法の提案と評価. 関西武道学研究, 29(1): 9-17, 2020.4
3) Macadam P, Nuell S, Cronin JB, Uthoff AM, Nagahara R, Neville J, Graham SP, Tinwala F: Thigh positioned wearable resistance affects step frequency not step length during 50 m sprint-running. European Journal of Sport Science, 20(4): 444-451, 2020.5
4) 藤井雅文,鈴木智晴,佐藤伸之,前田明: トラッキングシステムデータを用いた打者評価の検討. スポーツパフォーマンス研究, 12: 276-286, 2020.5
5) 下川美佳,永原隆,本嶋良恵 ,金高宏文,前田明,竹中健太郎: 剣道における右足踵部痛改善前後の踏み込みの動作と地面反力,音の違い -右足踵部痛を改善させたある剣道競技者の回顧的アプローチによる事例. スポーツパフォーマンス研究, 12: 260-275, 2020.5
6) 蔭山雅洋 , 中島一 , 中本浩揮 , 藤井雅文 , 前田明: 野球選手におけるバットスイング速度の変化に関する横断的研究. トレーニング科学, 32(3): 529-533, 2020.5
7) 山口大貴,金高宏文,山本正嘉: スポーツ用の自転車におけるペダリング技能の客観的な可視化方法の開発:荷重と脚の使い方に着目して. スポーツパフォーマンス研究, 12: 287-301, 2020.5
8) 村田宗紀,松本実,森下義隆,尾崎宏樹: 【総説】球技スポーツにおける画像処理を用いた座標取得とアスリート支援への活用例. トレーニング科学, 32(2): 45-54, 2020.6
9) Tomohito Wada, Ryu Nagahara, Sam Gleadhill, Tatsuro Ishizuka, Hayato Ohnuma, Yuji Ohgi: Measurement of Pelvic Orientation Angles during Sprinting Using a Single Inertial Sensor. Proceedings of ISEA2020, 49(1): 10, 2020.6
10) Sam Gleadhill, Daniel James, Raymond Leadbetter, Tomohito Wada, Ryu Nagahara, James Lee: Semi-Automating Low Back Compression Force Estimations with an Inertial Sensor. Proceedings of ISEA2020, 49(1): 37, 2020.6
11) 蔭山雅洋, 鈴木智晴, 前田明: 発育期の野球選手における投手と野手の投球速度に及ぼす体力要因の検討. 体育学研究, 65: 401-413, 2020.7
12) 蔭山雅洋, 大石祥寛, 亀田麻依, 藤井雅文, 北哲也, 前田明: 野球選手におけるステップタイプに応じた30m走中の疾走動態の検討. 体育学研究, 65: 579-593, 2020.7
13) Macadam P, Mishra M, Feser EH, Uthoff AM, Cronin JB, Zois J, Nagahara R, Tinwala F: Force-velocity profile changes with forearm wearable resistance during standing start sprinting. European Journal of Sport Science, 20: 915-919, 2020.8
14) Colyer SL, Nagahara R, Takai Y, Salo AIT: The effect of biological maturity status on ground reaction force production during sprinting. Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports, 30: 1387-1397, 2020.8
15) 山口大貴, 中井彩子, 金高宏文, 山本正嘉: 指導者が持つ高度な自転車ペダリング技能を手がかりに 短期間で競技者が技能改善できた事例 ~競技力が高い女子大学長距離競技者の 1ヶ月間の取組み~. スポーツパフォーマンス研究, 12: 471-494, 2020.8
16) Munenori Murata, Hiroo Takahashi: Verification of the accuracy and reliability of the TrackMan tennis radar. Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part P: Journal of Sports Engineering and Technology, 1-7, 2020.9
17) 亀田麻依, 木葉一総, 前田明: バスケットボール選手における切り返し能力に関与する力発揮の特徴. 体育学研究, 65: 805-814, 2020.9
18) 沼田薫樹,本嶋良恵,坂中美郷,濱田幸二,柏木涼吾,髙橋仁大: 大学女子バレーボール選手のブロックにおける指導者の主観的な評価とパフォーマンスの関係. スポーツパフォーマンス研究, 12: 576-586, 2020.9
19) Ryu Nagahara, Munenori Murata: Inertial Measurement Unit Based Hip Flexion Strength-Power Test for Sprinters. Frontiers in Sports and Active Living, 2: 1-8, 2020.10
20) Ryu Nagahara, Munenori Murata: Inertial measurement unit based knee flexion strength-power test for sprinters. International Journal of Sports Science & Coaching, 15: 738-744, 2020.10
21) 村上俊祐,柏木涼吾,岩永信哉,沼田薫樹,髙橋仁大: テニスにおけるサービスのパフォーマンス向上に向けた取り組みとその効果. スポーツパフォーマンス研究, 12: 606-621, 2020.10
22) 藤井雅文, 鈴木智晴,小松崇志, 前田明: トラッキングシステムを用いたスローイングテストの実用性の検討. 鹿屋体育大学学術研究紀要, 58: 81-86, 2020.10
23) 藤井雅文,鈴木智晴,前田明,中本浩揮: 自己調整学習能力向上を目指した大学野球部4年間にわたる活動事例: PDCA サイクルに基づいた実践報告. スポーツパフォーマンス研究, 12: 622-654. 2020.10
24) 亀田麻依, 木葉一総, 前田明: 女子バスケットボール選手における 180 度の方向転換能力と片脚側方跳躍能力との関係. スポーツパフォーマンス研究, 12: 596-605, 2020.10
25) Uthoff AM, Nagahara R, Macadam P, Neville J, Tinwala F, Graham SP, Cronin JB: Effects of forearm wearable resistance on acceleration mechanics in collegiate track sprinters. European Journal of Sport Science, 20(10): 1346-1354, 2020.11
26) Nagahara R, Gleadhill S, Ohshima Y: Improvement in sprint start performance by modulating an initial loading location on the starting blocks. Journal of Sports Sciences, 38(21): 2437-2445, 2020.11
27) 藤井雅文, 林啓太郎,鈴木智晴, 沼田薫樹,村上光平,前田明: シャッターゴーグルを用いた直球を見るトレーニングがバントパフォーマンスに及ぼす影響. 鹿屋体育大学学術研究紀要, 58: 99-105, 2020.11
28) 村上俊祐,北村哲,佐藤文平,岡村修平,柏木涼吾,前田明,髙橋仁大: 日本男子トップテニス選手のグラウンドストロークにおける打球データの分析 – 練習マッチにおける2選手の特徴 -. スポーツパフォーマンス研究, 12: 753-765, 2020.11
29) Gleadhill S, Kai T, Nagahara R: Absence of effect of step straightness on sprint running performance, kinetic and kinematic characteristics. Journal of Physical Education and Sport, 20(6): 3428-3435. 2020.12
30) Gleadhill S, Kai T, Nagahara R: Resist-and-release sprint running using parachute towing causes detrimental changes to performance, kinematics and kinetics, Journal of Physical Education and Sport, 20(6): 3411-3419, 2020.12
31) Koki Numata, Yoshie Motoshima, Koji Hamada, Misato Sakanaka, Shunsuke Murakami, Hiroo Takahashi and Ryogo Kashiwagi: Kinematic Differences ㏌ Left-Right Side ㏌ Blocking Among College Women’s Volleyball Players ㏌ Japan. Malaysian Journal of Movement, Health & Exercises, 10(1): 72-78, 2021.1
32) 藤井雅文,鈴木智晴,蔭山雅洋,前田明: 大学野球選手における2塁走者の最適な第2次リード位置の検討. 九州体育スポーツ学研究, 35(1): 37-43, 2021.1
33) Nagahara R, Girard O: Alterations of spatiotemporal and ground reaction force variables during decelerated sprinting. Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports, 31(3): 586-596, 2021.2
34) 中畑敏秀, 藤井恵子, 金高宏文, 松村勲, 瓜田吉久: 64歳のマスターズ女子短距離走選手に実施した左膝前十字靭帯再建術後の 下肢における伸張-短縮サイクルの遂行能力獲得に向けた アスレチックリハビリテーションとその回復過程. スポーツパフォーマンス研究, 13: 125-145, 2021.3

2019年度
1) Nagahara R, Amini E, Marcon KCC, Chen PW, Chua J, Eiberger J, Futalan NJC, Lye J, Pantovic MM, Starczewski M, Sudsa-ard K, Sumartiningsih S, Wang CY,William TB, Kasujja T, Gujar TA: Influence of the intention to lean the body forward on kinematics and kinetics of sprinting for active adults. Sports, 7(133): 1-8, 2019.5
2) 岡村修平,髙橋仁大,小笠希将,村上俊祐,柏木涼吾,野村慧介,中本浩揮: テニスにおけるサービス時のゲーム展開の予測が苦手コースのサービス・パフォーマンスに与える影響. スポーツパフォーマンス研究, 11: 275-28, 2019.5
3) 村上光平, 亀田麻衣, 加藤忠彦, 鈴木智晴, 藤井雅文, 前田明: バドミントンのスマッシュが野球選手の投球速度および動作に及ぼす影響―2 名を対象としたトレーニング事例―. スポーツパフォーマンス研究, 11: 244-256, 2019.5
4) Macadam P, Nuell S, Cronin JB, Uthoff AM, Nagahara R, Neville J, Graham SP, Tinwala F: Thigh positioned wearable resistance affects step frequency not step length during 50 m sprint-running. European Journal of Sport Science,2019.7
5) 青木竜, 甲斐智大, 高井洋平: 高校および大学男子サッカー選手におけるアジリティ能力および跳躍能力の競技水準別の比較. 鹿屋体育大学学術研究紀要, 57: 29-35,2019.7
6) 青木竜,西川雄人,堀尾郷介 ,甲斐智大,高井洋平: 大学サッカー選手におけるフィジカルトレーニングの有無が有酸素性および無酸素性作業能力のシーズン変動に与える影響. スポーツパフォーマンス研究, 11: 308-319, 2019.7
7) Morin JB, Samozino P, Murata M, Cross MR, Nagahara R: A simple method for computing sprint acceleration kinetics from running velocity data: replication study with improved design. Journal of Biomechanics, 94: 82-87, 2019.9
8) Nagahara R, Ohshima Y: The location of the center of pressure on the starting block is related to sprint start performance. Frontiers in Sports and Active Living 1, 20: 1-6, 2019.9
9) Nagahara R, Kameda M, Neville J: Validity of inertial measurement unit based knee flexion strength-power test. Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part P: Journal of Sports Engineering and Technology, 233: 443-449, 2019.9
10) 濱中良, 森木隆, 南雅樹, 金高宏文: マスターズスプリンターにおける100m 走の10年間の取り組み: 60 歳から70 歳までのパフォーマンスおよびトレーニングについて.スポーツパフォーマンス研究, 11: 372-389, 2019.9
11) Macadam P, Mishra M, Feser EH, Uthoff AM, Cronin JB, Zois J, Nagahara R, Tinwala F: Force-velocity profile changes with forearm wearable resistance during standing start sprinting. European Journal of Sport Science, 2019.11
12) 亀田麻依, 水谷未来, 杉山敬, 木葉一総, 前田明: バスケットボール選手の予測不可能条件下におけるサイドステップが切り返し動作中の下肢および体幹に及ぼす影響. 体育学研究, 64(2): 705-717, 2019.12
13) Nagahara R, Kameda M, Neville J, Morin JB: Inertial measurement unit based hip flexion test as an indicator of sprint performance. Journal of Sports Sciences, 38(1): 53-61, 2020.1
14) 大石祥寛, 蔭山雅洋, 藤井雅文, 前田明: 大学野球選手の早朝と夕方の疾走パフォーマンスの違い. 九州体育・スポーツ学研究, 34(1): 1-7, 2020.1
15) Uthoff AM, Nagahara R, Macadam P, Neville J, Tinwala F, Graham SP, Cronin JB: Effects of forearm wearable resistance on acceleration mechanics in collegiate track sprinters. European Journal of Sport Science, 2020.2
16) 柏木涼吾, 髙橋仁大, 村上俊祐, 岡村修平, 野村慧介, 前田明: テニスにおけるハードコートでのスライドフットワークが切り返し時間に及ぼす影響. スポーツパフォーマンス研究, 12: 46-56, 2020.2
17) Nagahara R, Kanehisa H, Fukunaga T: Ground reaction force across the transition during sprint acceleration. Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports, 30(3): 450-461, 2020.3
18) 藤井雅文, 鈴木智晴, 村上光平, 前田明: 野球投手における投球時での発声が投球速度及びボール回転数に及ぼす影響 ~リリース時に力が抜けてしまう投手の一事例~. スポーツパフォーマンス研究, 12: 100-111, 2020.3

2018年度
1) Nagahara R,Mizutani M,Matsuo A,Kanehisa H,Fukunaga T:Association of sprint performance with ground reaction forces during acceleration and maximal speed phases in a single sprint.Journal of Applied Biomechanics,34:104-110,2018.4
2) Colyer S,Nagahara R,Takai Y,Salo A:How sprinters accelerate beyond the velocity plateau of soccer players: waveform analysis of ground reaction forces.Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports,28:2527-2535,2018.4
3) Colyer S,Nagahara R,Salo A:Kinetic demands of sprinting shift across the acceleration phase: novel analysis of entire force waveforms.Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports,28:1784-1792,2018.4
4) Nagahara R,Mizutani M,Matsuo A,Kanehisa H,Fukunaga T:Step-to-step spatiotemporal variables and ground reaction forces of intra-individual fastest sprinting in a single session.Journal of Sports Sciences,36:1392-1401,2018.4
5) Nagahara R,Takai Y,Kanehisa H,Fukunaga T:Vertical impulse as a determinant of combination of step length and frequency during sprinting.International Journal of Sports Medicine,39(4):282-290,2018.4
6) Ikegami T,Ganesh G,Takeuchi T,Nakamoto H:Prediction error induced motor contagions in human behaviors.eLife,7:e33392-2018.5
7) 村上俊祐,北村哲(びわこ成蹊スポーツ大学),髙橋仁大:テニス選手のゲーム状況における打球評価の可能性―大学生テニス選手のフォアハンドストロークの速度と回転数を基に―.スポーツパフォーマンス研究,10:83-100,2018.5
8) Nagahara R,Takai Y,Haramura M,Mizutani M,Matsuo A,Kanehisa H,Fukunaga T:Age-related differences in spatiotemporal variables and ground reaction forces during sprinting in boys.Pediatric Exercise Science,30:335-344,2018.8
9) 下川美佳,金高宏文,竹中健太郎,赤崎房生,前田明:剣道における打撃音と踏み込み音およびそれらの複合音の相違.武道学研究,51(1):35-43,2018.8
10) Hiroo Takahashi,Shuhei Okamura,Ryogo Kashiwagi,Koki Numata,Shunsuke Murakami:Comparing ball speed and ball spin of tennis serve between game situation and practice in collegiate male tennis players.World Congress of Performance Analysis of Sports XII Proceedings,-:148-148,2018.10
11) Bezodis NE,Walton SP,Nagahara R:Understanding the track and field sprint start through a functional analysis of the external force features which contribute to higher levels of block phase performance.Journal of Sports Sciences,37:560-567,2018.10
12) 亀田麻依,木葉一総,前田明:判断を伴うことによるサイドステップ動作の変容.バスケットボール研究,4:13-26,2018.11
13) Nagahara R,Kanehisa H,Fukunaga T:Influence of shoe sole bending stiffness on sprinting performance.Journal of Sports Medicine and Physical Fitness,58:1735-1740,2018.12
14) Nagahara R,Morin JB:Sensor insole for measuring temporal variables and vertical force during sprinting.Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers,Part P: Journal of Sports Engineering and Technology,232(4):369-374,2018.12
15) Murata M,Takai Y,Kanehisa H,Fukunaga T,Nagahara R:Spatiotemporal and Kinetic Determinants of Sprint Acceleration Performance in Soccer Players. Sports (Basel,Switzerland),6(4):169,2018.12
16) 永原隆:加速疾走パフォーマンスに関する近年の知見 : 長走路フォースプレートシステムを利用した研究を中心として.トレーニング科学,30(3):151-159,2018.12
17) Nagahara R,Haramura M,Takai Y,Oliver JL,Wichitaksorn N,Sommerfield LM,Cronin JB:Age-related differences in kinematics and kinetics of sprinting in young female. Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports,29(6):800-807,2019.1
18) Nagahara R,Kanehisa H,Matsuo A,Fukunaga T:Are peak ground reaction forces related to better sprint acceleration performance? Sports Biomechanics,2019.1
19) Ohshima Y,Bezodis N,Nagahara R:Calculation of the centre of pressure on the athletic starting block.Sports Biomechanics,2019.1
20) 松村勲,田中克典,盛山鈴奈,中畑敏秀,小森大輔,瓜田吉久,金高宏文:下肢にスポーツ外傷・障害を抱えた女子長距離ランナーの体重免荷トレッドミルを活用した競技復帰事例;日本インカレ女子10000mで優勝した選手の場合.ランニング学研究,30(1):41-56,2019.1
21) Macadam P,Nuell S,Cronin JB,Nagahara R,Uthoff AM,Graham SP,Tinwala F,Neville J:Kinematic and kinetic differences in block and split-stance standing starts during 30 m sprint-running.European Journal of Sport Science,19(8):1024-1031,2019.2
22) Matsuo A,MIzutani M,Nagahara R,Fukunaga T,Kanehisa H:External mechanical work done during the acceleration stage of maximal sprint running and its association with running performance. Journal of Experimental Biology,222(jeb189258):1-8,2019.3
23) 蔭山雅洋,中本浩揮:大きさの異なるボールを使用した投球による短期的な適応が投球速度と正確性に及ぼす影響.スポーツパフォーマンス研究,11:46-58,2019.3
24) 松岡篤史,小原侑己,甲斐智大,三浦健,木葉一総,高井洋平,山本正嘉:大学男子バスケットボール選手の基礎体力・技術,競技体力・技術,および実際の競技パフォーマンスを包括的に評価してフィードバックする試み.スポーツトレーニング科学,20:1-10,2019.3
25) 蔭山雅洋,中島一,藤井雅文,中本浩揮,前田明:発達段階の異なる野球選手およびプロ野球選手のバットスイングの特徴.野球科学研究,2:57-76,2019.3

2017年度
1) Nagahara R,Abe T:The influence of applied blood flow restriction cuffs on kinematics of submaximal sprinting.Journal of Functional Morphology and Kinesiology,2(4):45,2017.4
2) 水谷未来,鈴木智晴,藤井雅文,杉浦綾,松尾彰文,前田明,福永哲夫:女子プロ野球選手における投球時の手指動作がボール速度およびボール回転数に及ぼす影響.スポーツパフォーマンス研究,9:288-297,2017.4
3) 蔭山雅洋,土川千尋,大石祥寛,鈴木智晴,藤井雅文,前田明:大学野球選手における30m全力疾走中のピッチとストライドの特徴.スポーツパフォーマンス研究,9:183-196,2017.4
4) 蔭山雅洋:バットスイング動作の指導およびトレーニング方法開発のための評価システムの検討~センシングデータを活用した野球教室およびアスリートサポートの取り組みを基に~ .鹿屋体育大学学術研究紀要,55:5-7,2017.6
5) Nagahara R,Mizutani M,Matsuo A,Kanehisa H,Fukunaga T:Association of step width with accelerated sprinting performance and ground reaction force.International Journal of Sports Medicine,38(7):534-540,2017.7
6) 金高宏文:運動指導における運動分析データの解釈 : 運動の意識分析による主観的データと,測定による客観的データとの使い方 (特集 測定をスポーツに活用するには).Training journal,39(7):21-27,2017.7
7) Yanai T,Matsuo A,Maeda A,Nakamoto H,Mizutani M,Kanehisa H,Fukunaga T:Reliability and validity of kinetic and kinematic parameters determined with force plates embedded under a soil-filled baseball mound. Journal of Applied Biomechanics,33(4):305-310,2017.8
8) 下川美佳,金高宏文,前田明,津野天兵,竹中健太郎,前阪茂樹:剣道における踏み込み音の客観的検知の可能性 -踏み込み方による踏み込み音の違いを客観的検知できるか-.スポーツパフォーマンス研究,9:359-368,2017.8
9) 亀田麻依,水谷未来,杉山敬,木葉一総,前田明:バスケットボールのディフェンス選手における切り返し動作の特徴.トレーニング科学,29(1):33-42,2017.9
10) 大石祥寛,渡邊夏海,蔭山雅洋,亀田麻依,前田明:低負荷全力ペダリングトレーニングが球技スポーツ選手の疾走能力に及ぼす影響.スポーツパフォーマンス研究,9:481-500,2017.10
11) 濱中良,永原隆,松尾彰文,小森大輔,加藤忠彦,近藤亮介,金高宏文:三段跳における助走歩数が跳躍パフォーマンスに及ぼす影響:単一事例による実験的検討.スポーツパフォーマンス研究,9:512-527,2017.11
12) 高橋雅子,酒井雅弘,城田雅幸,村上俊祐,水谷未来,亀田麻衣,高橋仁大,前田明,椿武:短期的なトレーニングがテニスのサーブにおける球速と回転数に及ぼす影響 : 個人のプレースタイルに合わせた指導事例.ジュニアスポーツ教育学科紀要,6:25-33,2018.2
13) 三浦康二,永原隆,渡辺圭佑:2017年国民体育大会における競歩種目の前額面内下胴キネマティクス.陸上競技研究紀要,13:212-213,2018.3
14) Kusunoki M,Kohama T,Yamada Y,Fujita E,Okada S,Maeda A,Takeshima N:Evaluating activities of daily living using an infrared depth sensor: KINECT(TM).Disability and rehabilitation. Assistive echnology,14(4):368-378,2018.3
15) 村上俊祐,北村哲,前田明,高橋仁大:テニスのフォアハンドグランドストロークにおけるボールの速度と回転数に基づく評価法の検討.テニスの科学,26(3):13-19,2018.3
16) 加藤忠彦,金高宏文,瓜田吉久,前田明:砲丸投・回転投法における移行局面の運動量が投てき距離に及ぼす影響.陸上競技研究,2018(1):31-38,2018.3
17) 加藤忠彦,瓜田吉久,金高宏文,前田明:砲丸投・回転投法における投てき者-砲丸系の運動量と砲丸の初速度との関係.九州体育・スポーツ学研究,32(2):21-31,2018.3

2016年度
1) 前田 明:スポーツパフォーマンス向上のための良い動き.バイオメカニクス研究,20(1):41-47,2016.5
2) 津野天兵,井上智博,萬久博敏,和田智仁:大学水泳部における映像・分析サポートの実践.スポーツパフォーマンス研究,8:216-228,2016.6
3) 本山清喬,小森大輔,金高宏文,西薗秀嗣:フライングスプリットにおける前脚の膝関節と足関節の位置関係の違いが下肢の関節トルクに及ぼす影響.スポーツパフォーマンス研究,8:302-317,2016.8
4) 村上俊祐,高橋仁大,村松憲,佐藤文平,佐藤雅幸,小屋菜穂子,北村哲,前田明:ボール挙動測定器を用いたテニスのサービスのボール速度とボール回転数の解析の可能性.スポーツパフォーマンス研究,8:361-374,2016.10
5) 蔭山雅洋,鈴木智晴,藤井雅文,中本浩揮,和田智仁,前田明:野球投手におけるマウンドと平地からの投球のバイオメカニクス的比較:投球速度および投球動作中の下肢および体幹の動作に着目して.体育学研究,61(2):517-535,2016.12
6) 蔭山雅洋,中島一,鈴木智晴,前田明.:大学野球選手おける傾斜台を用いた打撃トレーニングが試合での打率に及ぼす影響 – 打撃動作中の身体重心の移動に着目して.スポーツパフォーマンス研究,9:94-110,2017.2
7) 北村哲,髙橋仁大,佐藤周平,松本健太郎,村上俊祐,前田明,西薗秀嗣:打球場面に着目した男子トップテニス選手のグラウンドストロークにおける攻撃パフォーマンスの検討.テニスの科学,25:73-90,2017.3