お知らせ一覧

テコンドーの選手の測定が行われました!

平成30年3月22日(木)、テコンドー日本代表選手の菊野克紀選手(鹿児島県出身、総合格闘家)の測定が行われました。 モーションキャプチャとフォースプレートを用いて沖縄空手の型の動作と力の測定を行いました。 小山凌氏(… もっと読む »

短距離走と走り幅跳びの測定を行いました!

平成30年3月23日(金)、北海道から広川龍太郎コーチ(東海大学、北海道)の引率のもと、馬場友也選手(2016日本選手権100m6位)、小池祐貴選手(全日本学生選手権200m優勝)、城山正太郎選手(走り幅跳び世界ジュ… もっと読む »

東京学芸大学の選手の測定を行いました!

平成30年3月2日(金)東京学芸大学陸上競技部の女子短距離チームとハードルチーム6名が測定を行いました。 フォースプレートが敷き詰められた50m走路で、ステップごとのピッチ、ストライド、接地時間や地面にかかる力の成分(3… もっと読む »

ミズノとの共同研究が行われました!

スポーツパフォーマンス研究棟で測定したデータを基に、ミズノと共同でスパイクの開発を行いました。スパイクの情報は下記のURLから見ることができます。 http://www.mizuno.jp/baseball/produc… もっと読む »

HONDA硬式野球部の測定が行われました!

平成30年2月4日(日)~5日(月)、社会人野球チームHONDA硬式野球部の選手6名・スタッフ3名が昨年度に引き続き、SP棟を訪れ測定を行いました。 フォースプレートが設置されたマウンド上から反射マーカーを取り付けた投手… もっと読む »

ゴールドジム陸上競技部が測定を行いました!

平成29年12月11日(月)~12日(火)、ゴールドジム陸上競技部の選手5名が測定を行いました。 110mハードル走、走り幅跳び、競歩、やり投げ、円盤投げの選手が、それぞれの競技種目ごとに場所や機材を使い分けて測定を行い… もっと読む »

新着情報をもっと読む

SPLab通信をもっと読む